LibreOffice/OpenOffice.org Way in Japan

foral.exblog.jp
ブログトップ

オフィス製品のファイル互換性

http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/office/facts/02.aspx#anc01

マイクロソフト株式会社の委託により、株式会社インプレスジャパンが検証したOpenXML互換性結果によると競合他社の互換性は総じて低い。

これは、オープン標準としてOpenXMLに欠陥があるという事を示しているに他ならない。
オープン標準によるユーザーの利点は、以下の2点である。

(1) 個々のソフトウェア依存しない。
(2) 半永久的にそのデータが使える。

この事によって、ソフトウェアメーカーは切磋琢磨し、それぞれより良い製品を生み出す、
またユーザーはそれを手に入れて、より快適になる。

逆にもう一つのオープン標準、OpenDocument(ODF)は

OpenOffice.orgは、90% をサポートしていると言われます。
StarSuiteは、90%をサポートしていると言われます。
IBM Lotus Symphoneyは、90%をサポートしていると言われます。
RedOfficeは、90%をサポートしていると言われます。
Google Docsは不明ですが、私の感覚ですが必要十分サポートしています。
Microsoft Officeは不明ですが、私検証では、100%に近いです。
Justsystem 一太郎は、不明です:(

他の製品はわかりませんw
[PR]
by foral | 2010-03-05 23:40