LibreOffice/OpenOffice.org Way in Japan

foral.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 25 )

移動しました

今後、ブログは以下で書く事にしましたのでよろしくお願いします。
blog.fairytern.org
[PR]
by foral | 2013-01-05 18:41

ODF 1.2の作業が終わったらしい

2011年3月にOASIS ODF技術委員会で承認されたらしい。
http://lists.oasis-open.org/archives/members/201103/msg00008.html

次に、OASISで承認されるとOASIS標準になるっぽい。
さらにISO/IECで承認されるとISO/IEC標準
さらにさらに日本語化されJISで承認されると日本工業規格になるらしい。

1.2がランチされてから4年ぐらいたっていることを考えると、5年から6年ぐらいかかることになる。

とてつもないパワーを必要とする仕事なのだと思う。
けど おそらくはこの仕事は100年生きる仕事なんだろうなと思う。
[PR]
by foral | 2011-05-12 01:20

openSUSE Weekly News 日本語版 第163号

Kohei Yoshidaさんの記事が掲載されています。

* Kohei Yoshida: 新しいリポジトリにサブプロジェクトを展開
(そして mso-dumper がお引越しするまでのお話)

* Kohei Yoshida: FOSDEM 2011 のスライド公開 & 最新情報ご紹介


さらに、Andrew Wafaa: LibreOffice を Android に移植 – 私の新しいイカレたプロジェクト

今回の
openSUSE Weekly News 日本語版 第163号
は内容盛りだくさんです!


Enjoy!
[PR]
by foral | 2011-03-10 21:03

OpenOffice.org ? LibreOffice? Linuxコミニティの選択は?

OpenOffice.orgとLibreOffice突如現れた二つの選択。

まずは、Linux陣営はどうなんだろう。上位10位を見て見た。
http://distrowatch.com/

1 Ubuntu 2083>

Mark Shuttleworth said "The Ubuntu Project will be pleased to ship LibreOffice from The Document Foundation in future releases."
Ubuntu 11.04 の開発版にJanuary 20, 2011当たりから入っているらしい

2 Mint 1554>
 Ubuntuに従うので自然にLibreOffice

3 Fedora 1462=

 Fedora 15から
 http://fedoraproject.org/wiki/Releases/15/FeatureList
 Engineering Steering Committeeに承認されたらしい。

4 Debian 1153>

LibreOfficeです。

wheezy (testing) OpenOffice.org 3.2.1
http://packages.debian.org/wheezy/openoffice.org

sid(untested) LibreOffice 3.3
http://packages.debian.org/sid/openoffice.org


#7743 さんありがとうございます

5 openSUSE 1140>

LibreOfficeです。

6 Sabayon 840>

LibreOfficeです。

Gentoo Linuxの派生

http://packages.gentoo.org/package/app-office/openoffice
3.2までしかない

http://packages.gentoo.org/package/app-office/libreoffice
3.3からLibreOffice

7 Arch 782>

両刀

http://www.archlinux.org/packages/extra/i686/openoffice-base/
http://www.archlinux.org/packages/extra/i686/libreoffice/

---
In addition, there is a package for libreoffice - the "Documentfoundation fork" in the extra repository, which includes enhancements and features. It will always be the latest stable release in extra.
---
> Please use the vanilla Oracle openoffice-base packages or try out the
> new and already very stable libreoffice packages.
> by Andreas Radke


8 PCLinuxOS 759=

LibreOfficeだな

 http://www.pclinuxos.com/forum/index.php?topic=59009.msg717170#msg717170
will replace OpenOffice Manager (getopenoffice)

9 Puppy 746>

 LibreOfficeだな
http://puppylinux.org/wikka/LibreOffice

(面白いのはOOoLightのパッケージもある)

10 Mandriva 654

 LibreOffice?

派生はLibreOfficeで行くというから可能性は高い
・・・:http://www.muktware.com/n/18/2010/493


= 結果 =
 ほぼすべて、LibreOffice
  Archは、今のところ両方を用意している。
[PR]
by foral | 2011-02-03 23:17

http://openship.sakura.ne.jp/ 全データ削除

物置として使っている
http://openship.sakura.ne.jp/
が容量制限に引っかかってしまったので、バックアップを取って
全ファイルを削除中

アクセスログを見てみたら
今月は以下のようなのでたどり着いている人がいるらしい。

1 3 16.67% openoffice or ライター 差込印刷 フィールド 変数
2 2 11.11% openoffice cdジャケット
3 2 11.11% writer word フィールド
4 1 5.56% foral_studio
5 1 5.56% ms2007 マクロ
6 1 5.56% ooo writer ページ番号フィールド マクロ
7 1 5.56% openoffice 3.2
8 1 5.56% openoffice cd インデックス
9 1 5.56% openoffice cd レーベル
10 1 5.56% openoffice cd ラベル
11 1 5.56% openoffice wordとの互換性 脚注
12 1 5.56% openoffice 定型句
13 1 5.56% openoffice 同じ脚注
14 1 5.56% openoffice.org cd ラベル ビミュニテッ
[PR]
by foral | 2011-01-29 14:04

Office 2010の準拠している国際規格

Microsoft Office 2010

ISO/IEC 29500規格のOOXMLはOffice 15というMicrosoft Office 2013か 2014当たりに位置するバージョンで完全サポートする予定らしい。

* ECMA-376 OOXML
読み込み( from MSDN)

* Microsoft OOXML Transitional (ECMA-376 base)
読書き(マイコミ記事:2007年に標準化を拒否)

* ISO/IEC 29500:2008 OOXML Strict(Microsoft OOXML Transitional 改良版)
読み込み(マイコミ記事)

* OASIS ODF 1.1
読書き

* ISO 19005 PDF/A
エクスポート

----
> "レガシー"なOfficeファイルフォーマットの仕様を受け継ぐための
> 仕掛けにあるという。Strictではこれら仕様が完全に削げ落ちており、
> レガシーサポートの面で問題が発生する。

つまり実用上問題ありすぎて使えないということ?

-------
OpenOffice.org/LibreOffice

* OASIS ODF 1.0
読書き

* OASIS ODF 1.1
読書き

* OASIS ODF 1.2
読書き

* OASIS ODF 1.2Extend
読書き

* ISO/IEC 26300:2006 JIS(OASIS ODF 1.0)
読書き

* ISO 19005 PDF/A
エクスポート

* GB/T 20916-2007 UOF
読書き?


---------
今利用まともに使える標準規格って・・・ODFとPDFだけだったのか?

ref:
Office 2010のOOXMLはISO標準に準拠してない!? - 仕様サポート巡って議論
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/08/084/index.html

Microsoft Office 2010 での OpenDocument 形式のサポート
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA101878944.aspx

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179190.aspx
Office 2010 は、ECMA-376 の読み取り、ISO/IEC 29500 Transitional の読み取り/書き込み、および ISO/IEC 29500 Strict の読み取りをサポートしています。
[PR]
by foral | 2011-01-28 14:30

Microsoft Office2003→2007 バージョンアップ時の検証コスト

* 平均月収:315,294円[1]
* 互換性検証コスト: 一人当たり 13,000円~15,000円[2]

地方公務員数:平成22年4月1日現在、281万3,875人
42,208,125,000円
http://www.soumu.go.jp/iken/kazu.html

オフィスソフトを使っている可能性の高いホワイトカラー仕事の人で換算すると
・・・すごい世界だな。

----

[1] 毎月勤労統計調査 平成21年分結果確報
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/21/21r/mk21r.html

[2]0ffice 2007のリリース時には、1万5000人の社員がいるある製造業者の場合、互換性検証コストに2億円。2万人の社員がいる金融機関の場合3億円
http://www.atmarkit.co.jp/news/201003/29/office.html
[PR]
by foral | 2011-01-22 03:00

ジャスト、MS-Office互換ソフト

一旦株式会社キーエンスに助けられたジャストシステムがこの夏発売に向けて、
MS-Office互換ソフトを開発中との事.価格は、Microsoft Officeの半分を目標としているとのこと。

ジャストシステムが独自でそれだけの技術者を抱えているとは私は考え難いため、
恐らくは従来から関係にあったHancom※1との協力もしくは彼らの製品もしくは
OSS製品などを部品として活用して、新しい製品開発をしているのではないかと想像する。

そこでOpenOffice.orgも話題に出ているが少し言葉が記事によって違う。
その中でも強い言葉は以下である。

「OpenOffice.orgを利用しているお客様もいるが、
OpenOffice.orgでは、自主サポート体制の構築や教育コストなどで、
かえってコストがかかってしまう」※2

OpenOffice.orgというかOSSは、ベンダーによるソフトウェア費用を含めたコントロールから逃れて、費用を含めた適正化が行えるだけであって費用が0になるとただ単に考えるのは危険な代物である。
少なくともリスクコントロールとリスクコントロールスキームは準備しておいた方が良い。

いつものように無意味に反論をしてみる。

サポート体制
→OOoの場合は、選択しなければならない。
日本の企業であれば グッデイ、アシスト
外資であれば、Novell、Oracle、Redhat(?)
  Novellの提供している値段を見るMSの製品価格の1/5ぐらいか?

教育コスト
→ どうするにしても
99%なんらかのトレーニングはした方が良いと私は思う。
その金額は、どのソフトを選んでも変わらない。

何気に、自力でやるとみんな10人/10色の作り方をされて
宜しくないってフリーフォーマットの悪夢をあまり皆様ご存じないのかしら。

元々みんなが使っているのだから 使えるように勝手になれというのも
  個人的にはどうかとおもふ。

しかし、互換互換って・・・・今も大事ですが
今も見据えながら、未来に投資するのも重要ですよ。

※1 http://www.hancom.co.kr/hancom/eng/product/product01_01.jsp
※2 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/12/109/
[PR]
by foral | 2011-01-15 23:58

月刊LASDEC 11月号

月刊LASDEC(Local Authrities Systems Develoment Center)は、
財団法人 地方自治情報センターの発行する月刊誌。

購入は、政府系書店でしか取扱がない。
先日霞ヶ関の政府刊行物サービス・センターへ言って買ってきた。
陳列はされておらず、月刊LASDECありますか?と店員にたづねると
「XX号の月刊LASDEC~」と言って裏の作業所に入って持ってくるという
不思議な本である。

政府発行物サービス・センターという物に初めて行ったが
店員はスーツで、店員とお客との会話も政府系発行物の話であり
社内販売店で買い物をしている様な気分になる所である。

さて、月刊LASDEC 11月は、可知 豊さんのBlog で、紹介されていたものである。

この号の特集は、「OSSの新たな展開」でルポとして小樽市の島根県CMS導入について
深川市のOpenOffice.orgの導入の経過と利点、課題、今後の展望、さいたま市、高知県、長野県などのお話である。

興味深かったのは、高知県の川口さんの記事の以下2点である

1. 特許・著作権に関する記載
2. コミニティに関する記載

1は、県が特許・著作権を抑えることで、県内SIerを育て、継続的に支援するとともに自らのコストを限りなく0に近づけるというモデルだと思われる。

システムの第三セクターもどきの様な形である。その効果として地域雇用創出し、副次効果として使用料の収入 約9000万と言う。是非公民とわずに参考になる事例であると感じる。

(特許・著作権の費用計算方法が公開されているらしいが、読んでいないので、0に近づけるは推測:p)

2は、OSSかどうかは関係なく、(現在の判断として)全体として費用対効果が見込まれる「よいシステム」であれば採用する価値があると言う至極普通のことが書いてある一方。単なる利用者である県はコミュニティの果実を享受しているに過ぎず、コミュニティの成熟度によって導入を判断し、今は公然と使っていると言うことを言う以外 no ideaとしながら継続させるために経済的な要素の他にコミュニティの成熟度に寄与する何らかのアプローチが必要だと書いてある。

一般的な所でこの様な文章がでてることに私はとても興味深く感じる。「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」というサイクルがあるといわれるがOSSが受け入れられ本当の意味での成長期に入っていることを示唆しているように感じる。
[PR]
by foral | 2010-12-06 00:26

Basicの速度

Basicの速度を測る。

■適当なサンプル
---------------------------------------
Private Declare Function GetTickCount Lib "kernel32" () As Long
Sub Main()
Dim temp
tstart = GetTickCount
For i = 0 To 10000
temp = (i - 1) * (i + 1) / (i + 1)
Next
temp = 0
tend = GetTickCount
MsgBox tend - tstart

End Sub
---------------------------------------
OOo 3.2.1 : 78-94
Excel 2007 : 0-15
[PR]
by foral | 2010-05-22 22:45